脳をサポートする技術開発中

1359

人間は時に同時に二つのことを考えてしまうことがあります。彼女とデートしているのに浮気相手のことを考えていたり、車を運転している時に仕事のことを考えてしまったり。日本ではその状態のことを「上の空」と表現します。上の空状態に陥ると運転時は事故の危険性が高まります。

MIT、インディアナ大学、タフツ大学の共同研究グループは上の空状態を防ぐべく、「ブレインプット(Brainput)」と呼ばれる技術を開発しました。脳が二つのことを考えている状態に入るとコンピューターが近赤外分光法 (fNIRS) と言う技術を駆使し、脳状態の変化を察知します。上の空状態を察知したコンピューターが現在の状況を詳細に読み取り、人間の仕事をサポートするのです。

ブレインプット(Brainput)のテストは現在も続けてられており、ロボットを使用した迷路脱出テストに成功しています。将来的に自動車事故、飛行機事故防止プログラムに使用したいとしています。

脳を読み取るいう究極の技術 ブレインプット(Brainput)。軍事用に使用されないことを祈りたいものです。将来的にあの「ニュータイプ」のような技術が開発されるかもしれません。

 

 

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ