使い捨て番号取得アプリがアメリカで登場!果たして日本では?

2098

アメリカ「Burner」社はiPhoneに「使い捨て番号」を取得できる画期的なアプリ「バーナー(Burner)」を開発し、アメリカ・カナダのApp Storeで販売しています。

まずiPhoneにバーナー(Burner)をインストールし、アプリを起動した後、初期設定画面で本来の電話番号を登録します。すると使い捨て番号が生成できるようになりますので、任意の組合せで使い捨て番号を作成します。その後SMS、通話、ボイスメールなど使用目的に合わせて設定します。これであなた本来の番号は相手に通知されること無く、設定した使い捨て番号で通話やメールが楽しめるのです。

設定された使い捨て番号は2週間程度経過すると消滅します。また、自分で「Burn」ボタンを押せばいつでも消滅させることが出来ます。相手側が消滅した電話に通話を試みても日本で言う「現在使われておりません」状態になると言う事です。

プライバシー対策に一役買うであろうバーナー(Burner)ですが、犯罪の温床になるのではないか危惧してしまいます。製造元のBurner社では「誰がどの番号を取得したか、何時通話したか記録しておりいつでも犯人を特定できる」とコメントしていますが、虚偽の情報登録やiPhoneを廃棄してしまえばそれまでです。

バーナー(Burner)は現在日本には全く対応していませんが、プリペイド携帯などの問題を考えると実用化は難しいかもしれません。しかし「使い捨ての番号が取得できる」と言うのは、悪い話ではありませんね。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ