1949キャデラックシリーズ62コンバーチブル”Cad Attack”はミニカーではありません。

4228
オークション詳細ページ

このレトロでしかも未来的にも見える美しいフォルムのクルマ「1949キャデラック シリーズ62 コンバーチブル”Cad Attack”」は、有力なカスタマイザーであるグレッグ・ペリーが、彼の父のために制作したものだ。

gigamen_Cad_Attack01

この映画に登場しそうなクルマはオークションにかけられる。

ほとんどが手作りの1949キャデラック シリーズ62 コンバーチブル”Cad Attack”のボディは、幅広のワンピースのフロントガラス、シングルプレートのカスタムグリル、メルセデスのヘッドライト、91キャデラックのテールランプ、56シェビーの前後バンパーなどを装着。

ボンネットの中身は、400馬力のV型8気筒エンジンが700-R4自動変速機に組み合わされている。内装には、現代風のバケットシート、ドアパネル、コンソールは美しくフィッティングされている。

gigamen_Cad_Attack02

この1949キャデラック シリーズ62 コンバーチブル”Cad Attack”は大手オークションの「RMオークション」に出品されており、11月15日に競売にかけられる予定で、予想は8万ドル~10万ドルとされている。

参照元: 1949 Cadillac Series 62 Convertible ‘Cad Attack’

この記事をシェア
0 0
記事のタグ