新しいフェラーリは「T!」

1169

今度のフェラーリは「T」なのである。「T」と聞くと、「T! ホームランキング! T! T! Tレックス! ここで決める男 このチャンスをものにしろ~」と最近不調なあの人を思い出してしまうのだが、それは関係ない。「T」はフェラーリが予てから発表を予告していた「149Mプロジェクト」から生まれた新型フェラーリ「カルフォルニアT (California T)」なのである。

美しいボディは1950年台に活躍したフェラーリのレーシングカー「250テスタロッサ」をイメージしたとの事。「T」とは「ターボ」の意味で、3,885cc直噴ターボのV8エンジンを搭載している。カルフォルニアTはフェラーリのホームランキングとなるべく、この世に誕生したのである。

カルフォルニアTのV8エンジンは、2014年モデルのフェラーリF1マシンに搭載されるエンジンと同様の技術を搭載している。コンバーチブルをオープンにして、道路を爆走すればF1マシンのような走りを体感出来る事は間違いないだろう。暴れ馬だけに、扱い方が難しいが、それがフェラーリというものさ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ