もっと天真爛漫に生きようか 食べこぼしが「まったく」目立たないシャツ

1981

これだとカレーうどんだって泥ハネだって怖くない!すぐ食べ物をこぼしたり、インク染みを作って周りに失笑を買っている大人は周りにいないだろうか?もしかしてそれは自分?そんな、ちょっとドジな人らにぴったりのファッションアイデアが「Dirt Pattern Material」。

gigamen_Camouflage_Officewear_Stains02

シャツは自分の今の生活を語る

いつもカチッとアイロンのかかったシャツを着ている人もいるが、そんな暇が無いもしくは気にもしない人だっている。後者に関しては、もちろん染み抜きを行なう余裕は皆無なはずなので、できる限り汚れが目立たないシャツを着用することに限る。

ということでそんなアイデアを究極に活用したのがMair/WennelによるDirt Pattern Materialのワイシャツ。様々な色彩で、柄もデザインも非常に洗練されている。シャツが汚れまみれ=だらしなく見えるはずなのに、一瞬でお洒落な雰囲気を醸しだす。

gigamen_Camouflage_Officewear_Stains01

コンセプト・カモフラージュ

Mair/Wennelでは、コットン100%で洗濯機使用可能のこのシャツを販売しているが、もちろんこれはプロのデザイナーブランド。間違っても「この人のシャツすごく汚れてるね」なんて言われることの無い、素晴らしい汚れの融合アートとなっている。

Dirt Pattern Materialの柄は「コンセプト・カモフラージュ」と言われ、「着用者を見えなくするのではなく、その人の過去をカモフラージュする」というコンセプトに基づいて作られている。

一から同様のデザインを作ることは難しいかもしれないが、徐々に自分風に汚れを追加してカスタムデザインにすることはできる。口いっぱいのチョコレートをシャツの袖で拭いたり、草むらでごろごろしながら童心に戻ることは、いつも社会から自分をカモフラージュしている大人には時には必要なことだと思う。

参照元:Dirt Pattern Material

この記事をシェア
0 0
記事のタグ