あなたはどう使う? マッキントッシュの窓がモチーフの付箋に注目

587
3ユーロ(約400円)~詳細ページ

遊び心溢れる付箋を使って、提案に対する返答をしてみませんか。ドイツ発、貼って剥がせる付箋の右下に[OK]ボタンと[Cancel]ボタンが印刷されている『Cancel / OK – Sticky Notes』の製品化プロジェクトが4月、米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で公開されました。

提案に対する返答を敢えて面と向かわずに。

付箋1枚の大きさが12.5×7.5cmの『Cancel / OK – Sticky Notes』は何十年も前のマッキントッシュのモニターに映し出されるウィンドウをモチーフにしたデザインになっています。ウィンドウ右下の太枠で囲まれた[OK]ボタンとそのフォントに懐かしさを覚える人は少なくないでしょう。また、21世紀生まれの若い世代には粗削りなボタンが新鮮に見えるはずです。

遊び心のある付箋の使い方の一例を挙げてみます。あなたは同じ学校・職場のAさんにデートを申し込みます。その場での返事をはぐらかしたAさんは少し時間を置き、あなたからノートや書類を借り、[OK]ボタンが強調されたメモを貼ります。メモには「週末に遊園地に連れていってくれるなら・・・」と書かれています。提案に対する返答を敢えて面と向かわずにしてみませんか。

[Save]と[Cancel]がプリントされたメモ帳も。

『Cancel / OK – Sticky Notes』製品化プロジェクトは4月28日現在、146人のネットユーザーから目標額を上回る3000ユーロ(約40万円)を調達しています。古いマッキントッシュのウィンドウをモチーフにした文房具に興味がある人は、[Save]ボタンと[Cancel]ボタンがプリントされたメモ帳(Cancel / Save Notepad)も併せてチェックしてみると良いでしょう。

参照元:KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ