クルマに乗っていると、何かと事件に出くわします。パート1

2912
未定 詳細なし

クルマはとても便利なものですが、危険がつきものです。という画像。およそ現実味が無さそうな絵ですが、あなたが出くわす可能性はゼロではありません。お出かけには十分注意してください。

1.クルマが故障した時、助けてもらう相手を選ばないと、さらなる悲劇が待ち受けているでしょう。

もしあなたが、インドやアジアの国々をドライブ旅行した時に、思わぬトラブルで立ち往生しても、近くにレッカー車はないでしょう。そこで、近所の人とその忠実な部下に助けてもらったのがこの写真。たしかにクルマの移動には成功しました。

gigamen_Car_accident_part1

2.悲劇にあっても通りがかりのクルマの中から「ナイス!」と声をかけられるグッドバランス。

北米の道路は、冬場には大変危険になります。特にスポーツカーを走行させる時には十分な注意が必要です。スピンしてガードレールを飛び出せば、灰色熊のランチになりかねません。

しかし、日本性のスポーツカーなら軽量で大変バランスのとれた設計ですので、運悪くスピンアウトしても、ギャラリーから拍手とフラッシュを浴びる奇跡も可能です。

gigamen_Car_accident_part1_01

3.陥没、それは大抵の場合、不幸な事故に直結しますが、完璧な陥没は感動に値します。

古い道路の多いヨーロッパでは、雨期にしばしば陥没事故が起きます。多くはクルマが逆さに落下したりしますが、時には水平に落下します。恐らく、持ち主の目の前で徐々に沈んだものでしょう。持ち主の心情をお察ししてやみません。

gigamen_Car_accident_part1_02

4.例え事故にあっても、着地は決めたい。ドライバーはアスリートだったのか

様々な要因が重なると、驚くような結果が生まれます。しかし、全ては偶然でしょうか?。自らの固い意志と、日ごろのトレーニングの成果と思いたい見事なフォームです

gigamen_Car_accident_part1_03

上記コメントは実際の説明と食い違っていることがありますので、ご了承ください。

参照元:boutique homes

この記事をシェア
0 0
記事のタグ