軽いのに重い一撃を放つ斧

1377

斧の一般的なイメージは、木でできた柄の先にずっしりとした刃がついているイメージではないだろうか?しかし、必ずしもよく切れる斧が重くある必要はない。「カーボアクス(Carbo Axe
)
」はチタニウムとカーボンファイバーでできた軽い斧である。刃の部分は芯となるチタニウムをカーボンファイバーで挟み込んだ構造をしており、切れ味を失わせることなく本体の軽量化を実現している。

実はアウトドアで出かけた先で火を起こす薪を作る等、斧を持ち運ぶことで得られるメリットというのは大きいのではないかと思う。見た目にも美しい「カーボアクス(Carbo Axe)」はそうしたアクティビティの質を上げてくれるに違いない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ