タスマニアが誇る歴史と自然の恵み、全てを詰み込んだビール 

3210
¥450 詳細なし

オーストラリア本土南方海上に位置するタスマニア島。名前の由来は1642年にオランダ人探検家アベルディ・タスマンが到達した事に由来する。タスマニアは自然が豊富なので、珍しい動物が生息している。タスマニアンデビル、ウォンバット、カンガルー。幻の生物タスマニアタイガーも生息していたが絶滅したと言われている。タスマニアタイガーを探す物語「タスマニア物語」で日本人にとってもお馴染みになった。

人間にとっても天の恵みがたくさんある。中でもタスマニアの天然水とホップを使用して作った「カスケードビール(Cascade Beer)」は、タスマニアとオーストラリアを代表するビールで、タスマニアの自然が人間に与えた至宝なのだ。ポップの味が濃厚で喉ごしが非常に良い。アンタのおかげでタスマニアンと叫びたくなるビールだ。

カスケードビール(Cascade Beer)は、タスマニアのカスケード醸造所で醸造されている。オーストラリアで最も古い1832年建造の醸造所で、観光スポットとしても有名。工場ではビールが作られる工程を見学することが出来る。

また、タスマニアには映画「魔女の宅急便」に登場するパン屋のモデルとなったロス・ビレッジ・ベーカリーがある。そこには主人公キキの屋根裏部屋が実際に存在しているそうだ。魔女の宅急便を見ながらカスケードビール(Cascade Beer)を飲むのも良いだろう。
タスマニアの大地の恵みを全て詰め込んだビール。あなたの喉とタスマニアを接続する、歴史と伝統あるビールだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ