ケータハムの新型スポーツカー「エアロセブン」が凄い

2475

ケータハム(Caterham)はスーパーカーの概念をぶっ壊した超斬新なスーパーカー「エアロセブン (AeroSeven)」を発表した。見ての通り、オープンカーで2シーターである。この先進的なデザインのスーパーカーが今まであっただろうか。私は機動戦士ガンダムで「アムロ・レイ」と「シャア・アズナブル」が初対面した際にアムロが乗っていた車に似ているように思った。皆さんはいかがだろうか。

エアロセブンを開発したケータハムは、この斬新なスーパーカーを「今後のケータハムの方向性を示す車である」と発表している。エンジンは2.0リッター自然吸気直列4気筒エンジンが搭載される予定である。コックピットも非常に先進的で、F1マシンを操縦しているような気分を味わう事が出来そうだ。

また、ロードモード、レースモード、フラッシュトゥパスモードと言うモードが搭載されており、ドライバーはそのモードをボタンで切り替えながら走行する事が出来る。ボディは超軽量のカーボファイバーが採用されており、0-100km/hをわずか4秒で走り抜ける。

エアロセブンとくれば、やはりBGMは「エアロスミス」だろうか。でもBGMは風の音にかき消されてしまいそうだ。風になりたい車好きの男にとっては、たまらない車だろう。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ