日本路線の情報も!LCCセブパシフィックがセブ=ソウル線を再開へ

940

フィリピンの格安航空会社(LCC)、セブパシフィック航空は7月3日からセブと韓国のソウル(仁川)を結ぶ直行便を週2往復(木・日)で再開します。

セブパシフィックはセブと国内22地点を結んでいる

セブパシフィックのセブ=ソウル(仁川)直行便再開により、LCCの競争が激しい路線における旅行者の選択肢がさらに広がります。仁川空港から世界屈指のリゾート地であるセブ島(厳密には空港があるのは隣のマクタン島)へのフライト時間はおよそ5時間です。

セブパシフィックは6月上旬時点でセブから首都マニラ、パラワン島のプエルト・プリンセサ、ミンダナオ島のダバオ、ボラカイ島、シャルガオ島などフィリピン国内22地点にフライトを飛ばしています。国際線ではマニラ=ソウル直行便が6月から1日1往復に増便されたばかりです。

フィリピン入国前にブースター接種を終えていれば…

セブパシフィックの動向で気になるのはやはり日本路線です。6月上旬時点でマニラと成田、中部、関西、福岡を結ぶ直行便を運航している一方、セブ発着便はありません。ただ、今後は海外旅行の需要回復が見込まれるので、LCCのネットワーク拡大に期待したいところです。

なお、外国人がフィリピンに入国する条件ですが、2回接種する必要がある新型コロナワクチンか接種1回でOKのワクチンを接種した上で、1回のブースター接種を完了していれば、入国時に新型コロナの陰性証明書を提示する必要はありません(6月15日時点)。

フィリピン旅行の詳細はフィリピン政府観光省Webサイト(https://philippinetravel.jp/)などを確認してみてください。

<参考元>cebupacificair

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ