地下河川を探検!フィリピンLCCがパラワン島路線を拡充へ

795

まとまった休みが取れたら、地下河川と石灰岩が生み出す神秘的な光景を見に行きませんか。フィリピンの格安航空会社(LCC)、セブ・パシフィックは11月17日から西部パラワン島の中心都市プエルトプリンセサと香港を結ぶ直行便を週4往復(火・木・土・日)で開設します。

プエルトプリンセサと香港が初めて結ばれる。

セブ・パシフィックがプエルトプリンセサ=香港直行便を開設することで、日本と美しい自然が残るパラワン島間の移動の選択肢が増えます。日本直行便が充実している香港とプエルトプリンセサ間を運航する航空会社はこれまでありませんでした。セブ・パシフィックは既にマニラ、セブ、イロイロからプエルトプリンセサへ直行便を飛ばしています。

プエルトプリンセサのおすすめスポットの一つが、市中心部の北約80kmに位置する地下河川国立公園です。全長8.2kmの地下河川の一部を手漕ぎボートで探検するツアーに参加すれば、川が流れる真っ暗な洞窟の中で、無数の鍾乳石と石筍からなる「天然の彫刻」を見られます。ボートに乗ること、暗所、コウモリが苦手な人以外はきっと楽しめるはずです。

 LCCを利用し、パラワン島の美しいビーチへ。

プエルトプリンセサ地下河川国立公園はフィリピンでも屈指の観光スポットですが、パラワン島には美しいビーチが広がるエルニド、サンビセンテ、ポートバートンなどもあるので、地下河川ツアーの前後に海水浴を楽しむのもアリ。自然豊かなパラワン島の中心地までのフライト時間は香港から3時間、マニラから1時間30分です。

参照元;cubu pacific

この記事をシェア
0 0
記事のタグ