シボレー、2015年インディカー・シリーズでの導入のエアロキットを公開

3432
未定 詳細なし

シボレーは、今シーズンから「インディカー・シリーズ」に導入されるエアロキットのロード・ストリート用とショートオーバル用の画像を公開した。2015年バージョンは、よりコンパクトなフロントウイング、大きなリアバンパーポッド、および再設計されたエンドプレートを持つ新しいマルチレベルリアウイング等が明らかにされた。

F‐1だけじゃなく、インディカーも車両規定が変更。

これまでインディカーでは「ダラーラDW12」を3年使用されていたが、2015年シーズンからは、現在のシャシーの定められた部分を様々なマニュファクチャラーが開発・供給を行えることになり、エンジン供給を行う「ホンダ」と「シボレー」の2社がホモロゲーショーンを目指して開発を行っていた。

このエアロキットは3月1日までにチームにデリバリーされ、3月16、17日に公式テスト、そして3月27、28日のセントピーターズバーグでの初戦を迎える予定となっている。

エアロキットのホモロゲーションは、エンジンホモロゲーションとは異なり、シーズン中に供給されるパーツと比較するため、メーカーから提供されたパーツを保管され、CADデザインの提出も必要とされる。

インディカーの技術部門は、1月18日のホモロゲーションの締め切りを前に両メーカーからエアロキットのCADデータをすでに入手している。

gigamen_Chevrolet_2015_IndyCar01

「シボレー」のニュースだけど、ホンダと佐藤琢磨選手を応援せざるを得ない。

「ベライゾン」は米国携帯電話会社で、2014年からインディカーシリーズのシリーズスポンサーになっている。「ベライゾン・インディカー・シリーズ」には、日本人で唯一、元ホンダのF‐1ドライバー佐藤琢磨選手が、AJフォイト・レーシングから引き続参戦することが発表されている。

参照元:Automobile

この記事をシェア
0 0
記事のタグ