IoT端末とクラウドの仲を嫉妬するユーザーに身近な存在!エッジコンピューティングを知っといて!

331
未定 詳細なし

さて今回は、ユーザーの近くにサーバーを分散配置するネットワークコンピューティング技法として知られるエッジコンピューティングの仕組みが社会に何をもたらすのか、通信速度の成長(遅延短縮)だけではない今後の動向についてじっくり考察してみましょう。

もし仮に、ヲタ系の私がエッジコンピューティングで何かをもたらそうとするなれば、アレイスターだけだと厳しい状況下において妹らをグローバルに送り込みミサカネットワークとか作って新たな未来を切り開くんでしょうね。

待機中のクルクルカーソルおさらばじゃ!

まず、仮想現実や拡張現実を取り入れたアプリほか自律走行車等のサービスでやりとりされるデータはメッチャ速攻で応答を要求してくる都合上、ユーザーから離れた遥か遠方のデータセンターに図太く居座るクラウドコンピューティングだけで賄おうとすると酷な面が生じますよね。

なお、多くの学校ではデバイスを用いた授業が結構盛んになってきたワケですし、そろそろ中学校あたりからエッジコンピューティングについて教え始めてもイイのではないでしょうか?

少なからず、ソーシャルゲームが従来よりも快適にプレイ出来る様になるはずなので、是非この機会にサービスレイヤーの方々もエッジコンピューティングに関心を持って頂けると幸甚に存じます。

参照元:WIRED

この記事をシェア
0 0
記事のタグ