ちょっと大袈裟な文房具としても? 一人七役の鉄ハンマー

2621
~$100,000詳細ページ

米国Cole Barは、鉄ハンマー「Cole-Bar Hammer (コール バー・ハンマー)」プロジェクトの完遂を目指し、クラウドファンディングサイトのKickstarterで寄付を募っています。Cole-Bar Hammer (コール バー・ハンマー)は、シンプルかつスタイリッシュなデザインで、そのままハンマーとしても使えます。ただ、それだけでは日本のホームセンターでも容易に手に入ります。グリップの付け根部分にあるボタンを押してセパレートさせると、片方で釘を固定、もう片方で釘を打つといったように、作業がしやすくなります。

さらに180度に開くとバールに変身します。楽に釘を抜くことができ、解体作業にも使えます。またハンマーには目盛が刻まれており、鉛筆でラインをスムーズに引くことができるほか、角度の測定も可能です。レンチとしての用途もあります。

日曜大工はもちろん、業務用としても活躍間違いなしのCole-Bar Hammer (コール バー・ハンマー)。細かい作業も可能なので、“ちょっと大袈裟な文房具”として、美術関係の仕事でも重宝しそうです。ハンマーはプロレスでも使用されることがあるが、間違ってもPlease don’t try this at homeです。

Cole Barの最高執行責任者を務めるBrandon Hyde さんは「21世紀のハンマー」と銘打ち、販売に並々ならぬ意欲を燃やしています。寄付の目標額は10万ドル。締め切りは6月24日です。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ