【CES2015】これを挿し込めば、テレビがPCに変わる。Compute Stick

4152
未定 詳細なし

現在米国で開催されている「国際家電ショー CES2015」で、あのインテル社が、スティック型コンピュータ「Compute Stick」を発表した。

スティック型コンピュータはすでに他社でも開発されているが、Compute Stickは、CPUの大手インテル社が開発したことで注目が集まっている。

挿し込むだけでテレビがPCに早変わり

スティック型コンピュータは、テレビやモニターのHDMI端子に挿し込んで使う。挿し込むだけで、テレビやモニターがPCになってしまう。

つまり、手のひらサイズのスティックの中に、CPUやメモリなどPC1台分がそっくり詰まっていることになる。キーボードはUSBかBluetoothで接続する。

gigamen_Intel_Compute_Stick01

PCとしての性能は?

小さくて手軽なのはいいが、PCとしての性能はどうなのか?

大体のスペックをご紹介すると——4コアAtomプロセッサ、2GB RAM、32GBストレージ、microSDスロット、フルサイズUSB端子、マイクロUSB端子、給電用ミニUSB端子。無線はWiFiとBluetooth 4.0。

Windows 8バージョンとLinuxバージョンがあり、Windows 8バージョンは150ドル、Linuxバージョンは何と89ドルと安い。

参照元:readwrite

この記事をシェア
0 0
記事のタグ