キャンプで男度を上げよう 「木の枝」で調理できる6の食べ物

1349
未定 詳細なし

キャンプの時こそ「男度」の上げ時!テント張りをそつなくこなしたり、釣りで大物を余裕のゲット。火おこしもお手の物。

そして女性陣が目をハートにして、「きゃ~」とトキメクのが自らおこした火でサクっと調理する男!

キャンプ料理の定番であるカレーのように材料を切って煮込んで・・・といった面倒なことをする必要はありません。もっとストレートでキャンプらしい、そして男くさいものをつくっちゃう男性に女性は胸キュンするのです。

そこで今回は、長めの木の枝1本あれば調理できる6つの食べ物をご紹介しましょう。

1. ソーセージ

えー、ただのソーセージ?!いえいえ、ソーセージだからといってあなどってはいけません!おもむろに取り出したソーセージの真ん中めがけて木の枝をブスリと刺したら、後は火の前であぐらをかくなり、簡易チェアにゆったりと座るなりして、木の枝に刺さったソーセージを火で炙り焼こうじゃないですか。どうです?かっこいいでしょう。

これと言ったコツはありません。ただ炙り焼くだけなのに、フライパンで焼いたものや鍋でボイルしたものとは別物と言っていいほど激ウマなソーセージが出来上がるので、試したことがない人はぜひトライを!

2. パン・ビスケット

キャンプ地などでおこした火でパンを焼く技能は、1911年にはボーイスカウトのクッキングバッジを受け取る上で必須だったとか。

真の男はキャンプ地であってもパン生地から作るそうですが、「真の男へステップアップしたいと思っているが現在はごく普通の男」のあなたは、市販のビスケットミックスやロールパン生地製品を使ってください。

木の枝にパン生地をくるくる巻き付けて焼き上げるとクロワッサン風パンの出来上がり。ビスケット生地もパン生地同様くるくる巻いて、焦がさないよう丁寧に焼き上げましょう。

3. ベーコン

ベーコンなしにはキャンプは語れません!直火でほどよく脂が落ちたベーコン(うわあっ!)、ところどころ焦げ目がついた炙りたてのベーコンのクリスピーさ(うわうわうわうわわっ!!!)にかなうものなどあるでしょうか?!(興奮しすぎですね)

ベーコンも木の枝に巻き付けて炙り焼くだけですが、火が満遍なくいきわたるように全体的に重なる部分が厚くならないように均等に巻き付けましょう。

4. グリルチーズパン

「グリルチーズパン」と、もうその響きだけでも美味しそうなのが伝わってきますね。そして女性はチーズに目がありませんからね!

この調理で重要なのは木の枝のチョイスです。枝の先が幅広にYの字に分かれていて(懐かしのY字パチンコのような形状ですね)、その上にパンを2切れ重ねたものを置いても安定するものを選びましょう。

まずはパン2枚にバターを塗って、パンとパンの間に2枚のスライスチーズを挟んでチーズサンドイッチをつくります。後は火にかけて炙り焼くのみ!慌てずじっくりゆっくり焼くのがコツです。パンの下の面がこんがり焼きあがったらひっくり返してもう片方の面も焼きましょう。チーズがとろけてきたら食べごろです。(さくっ、とろ~~~、おいしそー!!!)

5. タマゴ

木の枝調理マイスターになったあなたはタマゴの調理に挑戦してみましょう。木の枝を使った調理の中でも上級とされるタマゴの調理ですが、ポイントは木の枝にあります。細いながらも調理中タマゴをしっかり支えることができるものを選びましょう。

タマゴを横向きにして、ナイフの先などで用意した木の枝が通るくらいの小さな穴を両端に開けます。そしてその穴に慎重に木の枝を通していきます。

ローストするときも慎重に。タマゴを斜めにせずに水平の状態で保って、白身が穴から流れ出さなくなって、木の枝がタマゴから抜けなくなったら食べごろです。

難易度が高いだけに、うまくできたら尊敬のまなざしをビシバシ感じること間違いなしですね。

6. マシュマロ

これはバーベキューでも定番なので知っている人も多いのでは?簡単そうなマシュマロの調理ですが、実は失敗している人が多いんです。

慌てず、マシュマロが適度に茶色くなるまでじっくり焼きましょう。外はサクリ、中はアツアツ、ドロリ、そしてマシュマロの魅力であるあのちょっとしたグニュリとした食感も失うことなく美味しく仕上がります。

アメリカで有名なキャンプ菓子に「スモア」というものがあります。焼きあがったマシュマロを2枚のクラッカーの間にチョコレートと一緒に挟んで食べる最高に甘くて最高に美味しいお菓子なのですが、これ、女性受けが非常に良さそうですよね。

いかがでしたか?タマゴ以外はどれも簡単で挑戦しやすいのではないでしょうか。夏のキャンプもいいですが、これからの寒さが増す季節、あたたか~いキャンプファイアの前で木の枝調理を披露すれば、スモアのように甘くてトロ~リな展開が後で待ち構えている、かも?

参照元:The Art of Manliness

この記事をシェア
0 0
記事のタグ