部屋に雲が出現!スモークマシン登場!

1884

飛行機に乗って、水平飛行に入ると窓に飛び込んでくるのが雲だ。上空から雲を見ていると何とも幻想的な気分になる。その雲は水から出来ている。空気中の水蒸気が凝結されて水になるか、凍結または昇華されて氷になることで雲が作られると考えられている。

人工的に雲を作ってみたい!と思ったオランダ人アーティストBerndnaut Smildeが本当に雲を作るマシン「スモークマシン」を開発した。この部屋に雲が浮かぶ映像が何よりの証拠である。

しかもこの雲は綿飴をごまかして作ったような代物ではなく、屋内の湿気と照明と組合せ、ススモークマシンで作り上げた本物にかなり近い雲なのだ。しかしどのようにして作り上げたか、どのようにして写真を撮影をしたのかと言う事の詳細は発表されていない。

雲を作り上げた後撮影しどのように、雲を消したのだろうか?詳細は Berndnaut Smilde氏しかわからない。真相は闇の中、ならぬ雲の中だ。そのBerndnaut Smildeは現在雲隠れしているとかしていないとか・・。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ