電車で最高の「お・も・て・な・し」 裏表なし!

1111

日本には「お・も・て・な・し」の心がある・・・と某フリーアナウンサーはプレゼンし、東京オリンピック招致に成功しました。日本のサービスは世界でも最高水準と言われていますが、やはりおもてなしの精神からなのでしょう。電車業界でも、「おもてなし電車」「高級志向電車」が昨今人気です。今年開業した近鉄の高級列車「しまかぜ」は大成功を収めていますし、JR東日本の「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」も予約の取れない高級列車として人気があります。

予てからJR九州も高級列車を開発しているという噂が流れていましたが、去る9月13日、ついにJR九州の高級列車が公開されました。その高級列車の名は「ななつ星」。30億円を投入して製造され、高級ホテルにも勝るとも劣らない豪華さを持っています。

デザインも美しいななつ星ですが、客車はさらに美しく輝き、高級なソファやベットが用意されています。料理も超一流の料理が用意されているとの事。宿泊料も超高額で、最高額は55万円となっています。鉄道ファンの間からは「最強の高級列車」という声も出ているようです。車内のBGMは「長崎は今日も雨だった」かどうかはわかりません。

ななつ星は10月15日から運行開始の予定です。最高の「お・も・て・な・し」を提供すべく、スタッフも研修中との事。おもてなしの心に期待しましょう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ