くしゃくしゃに出来る地図

1753

旅行者・観光者には朗報だ。「クランプル・シティ・マップ(Crumpled City Map)」があれば、大都市に行っても迷うことはないし、何よりその街の魅力を堪能できる。この地図はリュックの中にくしゃくしゃにしておいても構わない。というより、元からしわくちゃのつくりなのだ。見た目とは違い、フルカラーであり、情報量は圧倒的だ。スマートフォンなどのナビが味気ないと思う人におすすめ。

重さは20gほどと、驚くほど軽いクランプル・シティ・マップ。軽量であること、防水加工が施されているだけがこの地図の魅力ではない。オリジナルのグラフィックスで見た目も美しい。地図本来の機能として、今自分が滞在中の街のどこにいるかが容易に分かる。モニュメント、博物館、美術館、史跡、公園といったスポットを網羅しており、それらの場所はいとも簡単に探し出せる。

オリジナリティは10のスポットを独自に提案している点。ソウルサイツ(SoulSights)と銘打って、感情を揺さぶるような場所――前を通ったり、立ち寄ったりすることで何かを感じられる場所――を紹介している。訪れたあなたは、芸術家や写真家、あるいは詩人になったような気分に浸れるはずだ。

地図の大きさは87 x 58cm。気になるラインナップだが、ロンドン、バルセロナ、シカゴ、コペンハーゲン、エジンバラ、ハンブルク、ヘルシンキ、香港、リスボン、マドリッド、ミラン、モスクワ、ミュンヘン、ニューヨーク、オスロ、パリ、ローマ、サンフランシスコ、シドニー、東京、トロント、チューリッヒなど、ほとんどの大都市が網羅されている。価格は15ドル。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ