イタリアンスピリッツ in リストウォッチ

1761

イタリアと言えば、いい意味で陽気でちょっぴりいい加減というイメージがある。だが、そのステロタイプな印象をくつがえすのがミラノを中心とした北部で、工業製品の鬼!技術者の虎の穴!なのである。その職人魂はブランドを確立しているドイツに匹敵する。「CT Scuderia Watches (CTスクーデリア・ウォッチ)」もその一つ。

CT Scuderia Watches (CTスクーデリア・ウォッチ)の技術力と信頼性の追求は第二次世界大戦にさかのぼる。そして世代を経て、この現代では同じく高い精密性を要求されるスポーツウオッチへと特化されることになる。シグニチャーとも言えるクロノグラフcorsaのクラウンとプッシュボタンの位置、本来12時を示す文字盤に60の数字を据えたストップウオッチへのオマージュ。ユーモアを芸術へと昇華させ、かつスポーツレーシングに必要な精度を満たした入魂のリストウオッチなのだ。

イタリア製は見た目はいいけど精密機器の場合スペックが…。CT Scuderia Watches (CTスクーデリア・ウォッチ)は、そんな思いをいい意味で裏切られる「陽気で明るい」だけじゃない国の至宝だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ