良い女を惚れさせるには自分もよい男に

2359
未定 詳細なし

人の縁とは不思議なもので、自分のレベルに合った相手と見合うことが多いもの。つまり、良い女を手に入れたいと思うのであれば、自分自身もよい男にならなくてはならないのである。

自立した女を手に入れたければ自信のある男になるべき

最近の女性は共働きを望む傾向にあり、そういった女性を妻に・・・と望んでいる男性も増加傾向にある。

けれど、キャリアを積めるほど熱心に仕事をし、男性に頼らない生き方ができる女性は、得てして自立をし、自我をしっかりと持っている女性ばかりである。

そんな女性は自分自身に誇りがあるため、自然と男性への評価も厳しいものとなることは予想できるだろう。

自立をし、自分自身に自信のある女性を手に入れたいと思うのであれば、自分自身も揺るがない自信を持ち、対等に接することができなければならないのだ。

gigamen_Date_Strong_Woman01

自我の無い男は嫌われる

自我を持ち、自分に自信のある女性は相手にも同等のものを求める。おどおどしている男、YESマン、自分に自信がない男などは論外なのである。

つまり、しっかりした女性を妻に、と願うのであれば、自分自身もしっかりとしておかなければならないのだ。

もちろん、今すぐに自信をつけることは難しいだろう。けれど、信念を持ち、自分が正しいと思うことを人に伝えようとする姿勢を見せるようにすることならできるはずだ。

自分が正しいと思うことを人に伝え、人がそれを納得した時に、自信がつくようになる。もちろん、自分の間違いを認めることも大切だ。だが、そこには、自分の信念をしっかり持っているという根底があってこそ輝いて見えるのだ。

自我を持たない、自信のない男はいてもいなくても同じ。レベルの高い女はそう考えるのだ。

自分磨きも忘れてはならない

自分を磨くことも大切だ。女は自分よりも優れた男性や、得意分野のある男性に惹かれる傾向にある。また、目標を持ち、前向きに努力するその姿勢も女性にとって魅力的なものである。

仕事のスキルアップを図るため、個人的な努力をすることは自身のためにもなるので、おすすめしておきたい。

ここで注意したいのは、決して華美な洒落っ気を出せということではない。自分磨きとはいっても、華美に着飾れという意味ではないのだ。

清潔感は大切で、ある程度の着こなしはできていた方が良いのは間違いないが、華美になりすぎると軽薄に見えがちである。

ある程度カラダを鍛える、ファッションセンスを磨く、清潔感のある服装を選ぶ程度にとどめ、華美なファッションは避けるようにしよう。

gigamen_Date_Strong_Woman02

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ