ダットサン・ブランドがロシアなどで復活!なるか起死回生

989

日産自動車は2013年12月、ロシアで「ダットサン (Datsun)」ブランドを復活させると発表した。ダットサンブランドは日産自動車を代表するブランドの一つで、1981年まで販売されていた。ダットサンブランドは現在でも人気の車種が多く、フェアレディZS30型からS130型、サニーのB10型からB130型まで、さらにスカイライン、ブルーバード、セドリックなど日産自動車を支えた車種が勢ぞろいしている。ダットサンブランドの車は現在でも国内外で高い人気を持っている事でも有名だ。

ダットサン・ブランドの復活は2014年4月、ロシアでダットサンの復活車を発表する事から始まる。ロシアでの販売台数は600台程度となる予定で、値段は約125万円程度となる予定だ。現在のロシアは老朽化した自動車が多く走っているらしく、日本車への評価が高い。買い替え需要が高いロシアは絶好のターゲットと言うわけだ。しかもダットサンはロシアでも高い知名度を持っている。

自動車評論家の三本和彦氏は「ゴーン氏が社長に就任してから、かつての日産ファンが魅力を感じるような車種がなくなった」と批判している。そのゴーン氏がダットサンブランドに頼るのは、ちょっと・・・という気もしなくはないが、背に腹はかえられないと言う事なのだろう。かつての日産ファンも「おお!」となるようなダットサンを登場させて欲しい。ダットサンの名にかけて。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ