カード型の災害対策マニュアルが好評販売中 旅行時に重宝 英語表記

706
12.99ドル(約1400円)詳細ページ

「日本は災害大国なのだから、英語版だけでなく、日本語版もあったらいいのになぁ」と思わずにはいられません。米国のTerra Frma社が2019年の春に発売した、旅行時に役立つ単語カード型の各種自然災害対策マニュアル「DISASTER DECK」を今回は紹介します。

携帯していれば、災害発生時でも落ち着いて行動できる

「DISASTER DECK」は各カードの右上にWILDFIRE(山火事)、EARTHQUAKE(地震)、FLOODING(洪水)などと書かれており、屋外に居る時、もしくは車・バイク・自転車に乗っている時にどう行動すべきかが災害の種類ごとに詳しく書かれています。ポケットサイズのカードを車のグローブボックスやパックパックなどに入れておけば、いざという時に落ち着いて行動できます。

ここからは地震のカードの中身をざっくり紹介していきます。「運転中に大きな揺れが起こった時、道路の脇に止めて駐車ブレーキをかける。揺れが止まるまで車内に待機。電線が車上に落ちたら、車内に留まり、緊急通報用番号に電話する」。「屋外に居る時は姿勢を低くし、腕と手で頭と首を守る。もしビーチに滞在していたら、揺れが収まってから速やかに高台に移動する」。

すぐにやるべきこと、あると便利な物が書かれている

続いて山火事のカードについて。「もし避難命令が出たら、何が何でもその場を離れること。今すぐに出発して」。「避難できない場合・山火事の煙に襲われた場合は、緊急通報用番号に電話をかけて自分が居る位置を知らせる。N95マスクを着用するか乾いたバンダナ・衣服で口か鼻を覆うこと」。特に大切なことは太い赤字で示されています。

災害発生時にどう行動すべきかが書かれたカードに加え、心の落ち着かせ方を記したBE WELLカードも付いてくる「DISASTER DECK」。Amazon.comのカスタマーレビューを読むと、5点満点中4.6点と非常に高く評価されています(9月下旬時点)。防水仕様の災害対策マニュアルは日本への配送も可能です。

参照元:Amazon

この記事をシェア
0 0
記事のタグ