犬が思わず耳を澄まして聴き入る音楽とは?

945
未定 詳細なし

人間と同じく犬も音楽に魅了されます。聴く音楽によって犬もムードが変わったり、心理的な影響を受けたりするのです。スコットランドのSPCA(動物虐待防止協会)とグラスゴー大学は音楽が犬に与える影響という研究結果を発表しましたが、その中に犬が好む音楽のジャンルも記されていました。

犬「この音楽を聴くときはゆったりリラックスした気分になるんだ」

リサーチャーが犬にソフトロック、モータウン、レゲエ、ポップ、そしてクラシックを聴かせてみたところ、ほとんどの犬が音楽が流れると床に座り、そのまま座った状態で音楽を聴いていたそうです。

そして犬が音楽を聴いているときの心拍数などを確認したところ、犬のストレスレベルはソフトロックとレゲエを聴いているときに最も下がったそうです。また、異なるタイプの音楽には異なる反応が見られたそうです。

なかなか面白い研究結果ですが、さらに面白いのが犬も人間と同じく「音楽の趣味」があるということです。多くの犬がソフトロックとレゲエを好む傾向にあるようですが、中には激しい音楽を好むガチロック派の犬もいれば、やっぱりバッハよね~というクラシック派の犬も。

犬一匹一匹の好みを理解して音楽を流してあげよう

一般的には、犬が好むとされる音は飼い主との楽しい時間を思い起こさせるものや、散歩のときに感じる自然の音だといわれています。逆に、犬が苦手な音は人工的なものが多いようです。

音楽はほぼ人工のものですが、レゲエのように自然に近いゆったりとした音楽や日常の音が含まれるような音楽を犬は好むのでしょう。

一方猫の音楽の趣味ですが、去年末人間以外を対象にした初めてのアルバム「Music for Cats」が発売され話題となりました。こちらは猫を研究しつくして生み出されたゆったりとした楽曲が詰まったアルバムで、人間が聴く音楽には無反応だった猫の多くがこのアルバムに挿入されている楽曲には反応を示したそうです。ヒーリング系の音は人間にも動物にも良い影響を与えてくれるようですね。

皆さんが飼っている犬や猫の好みの音楽を見つけ出して、今日はなんだかやたら吠えるな~と思ったり、爪を出してフー!とやられた場合は、彼らの好きな音楽を流してゆったりさせてあげましょう。

参照元:Askmen

この記事をシェア
0 0
記事のタグ