目つきは悪いが実は軽いやつ「Donkervoort D8 GTO」

1919

写真を見る限りでは、いかにも悪人面をしている。おっと、失礼(笑)。この「Donkervoort D8 GTO」はオランダのスポーツカンパニー、Donkervoort が発表している最新モデルの自動車。

一見すると重厚な車体にも見えるが、本体にはカーボンファイバーを使用しており、重量は750kgと実は軽自動車よりも軽い重量を実現しているのである。ただ残念ながら空気抵抗が大きいらしく(!)最高速度は255kmに留まっている。一方で加速度には目を見張るものがあり、停止状態から時速100kmまでに達する時間はわずか3秒

発売後すぐに完売してしまっため、キャンセル待ちの状態が続いているそうだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ