未来の世界の竹馬ロボットが世界を変える

1186
$2,000 (約16万円)詳細ページ

なんだか竹馬のような、一輪車のような、ほうきのような変な物体。よく見ると棒の先にiPadが装着されています。この物体は「Double Robotics」と言うロボットで、一見レトロな形をしていますが最新鋭の技術を搭載し、世界のライフスタイルを変える可能性のあるボルトもビックリのロボットです。

場所と地図を設定し、通信を開始します。送られた映像を元にiPadで操縦します。するとDouble Roboticsがあなたの手足の代わりとなって動作するのです。装着されたiPadはカメラとなり、風景撮影やビデオチャットを楽しむことが出来るのです。

特徴は遠く離れた場所に設置されても動かすことが出来る事です。動画を見ていただければ判るとおり、自宅に居る学生が学校に設置されたDouble Roboticsを操作し、ビデオチャットで会話しています。iPadには自宅に居る学生の顔が映し出され遺影のようになっており異様に見えますが、ライブで自分の顔が映し出されリアルな会話を楽しむことが出来ます。

また、自宅に居る男女が美術館のDouble Roboticsを操作し、美術作品を楽しんでいる姿も確認できます。このようにiPadと共に普及すれば、ライブカメラのように使用することも出来、外出の必要がなくなるかもしれないのです。篭りのおじちゃま達も喜ぶであろうロボットです。

充電はフル充電に8時間を要し,動作時間は2時間となっており、重さは7キログラムです。どのような方式で遠隔操作を可能とするのかはまだ発表がありませんが,おそらくWi-Fiを利用するものと思われます。

販売は今年12月の予定で,現在公式サイトで予約受付中。値段は16万円となっています。なんとも不思議なDouble Robotics、今年はこれで決まり!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ