ヨガをしながらビールをゴクリとできる「ビールヨガ」が欧米でジワジワきてる訳

1526
未定 詳細なし

姿勢を正したり、精神を安定させたり、集中力を高めたりできるため、ヨガは世界中で人気を博し、今やフィットネスセンターやスポーツジムではヨガクラスはなくてはならないクラスとなっています。

そして近年、ホットヨガ、ペットヨガ、ヨガリゾートなるものまで登場し、そしてなんとビール大国ドイツでビール好きな人にはたまらないヨガクラスが登場しました。

ビール瓶を使って体のバランスを保ち、ビールで喉を潤すビールヨガ

アメリカでは、ビール醸造所の見学にヨガクラスがついてくるツアーがあり、ヨガクラスの後に醸造所ご自慢のビールが飲めるとかで、大変人気があるそうです。

でも、ベルリンのヨガクラスでは、クラス内でビール瓶が使用され、生徒はいつでもビールをゴクリとできるというなんとも嬉しい内容になっています。

頭の上にビール瓶をのせてバランスをとって精神統一します。ここでバランスを崩すと、飲みかけのビール瓶から大切なビールがこぼれて、大変なことになるので要注意です。

インストラクターが、ビールの飲み時を見計らって教えてくれますが、喉が渇いたら、いつでも好きな時にビールはゴクリしちゃっていいんです。

心と体のバランスをしっかり整える究極のエクササイズ

このビールヨガ、一体どんな効果があるんでしょうか。ヨガとビール、どちらも気持ちをリラックスさせ、筋肉を柔らかくします。そしてビールヨガの最大の魅力は、「ものすごく楽しい」ということ。ビール好きな人がビールを飲みながら楽しくヨガをすることで、心身ともに極限のレベルに達することができ、ヨガ効果が倍増するのだとか。

従来のヨガでいう「太陽礼拝のポーズ」は「ビール礼拝のポーズ」に、「腕立て伏せのポーズ」は「エールベンチ」に早変わり!

クラスが終わったら、みんなで「プローストゥ(ドイツ語で乾杯)!」と3度繰り返すそうです。ヨガ仲間がなんだか飲み仲間になった気分になりますね。

適度のアルコール摂取は、健康に良い影響を与えてくれます。ビール瓶1本を1時間かけて少量ずつ飲むので、悪酔いなどはせず、心から楽しめそうです。いろんなビールを試してヨガにぴったりのビールを見つけたり、他の生徒とクラスの前後にビール話に花を咲かせたりと、長く続けられそうなクラスですね。

そのうち、ワインヨガなるものも登場しそうな予感が・・・と思っていたら、もうすでにあるそうですよ。

参照元:The GearCaster

この記事をシェア
0 0
記事のタグ