「DROOPS」の溶けるカプセルでエコ・コーヒーメイキング

864
未定 詳細なし

ヨーロッパでは当たり前のように一家に一台コーヒーメーカーがあり、今ではそのほとんどがネスプレッソなどでよく知られているカプセル式コーヒーメーカー。自分が好きなフレーバーのカプセルをぽいっとマシンに放り込んだら本格的なコーヒーができてしまう。

確かに便利なマシンだけれども、コーヒーができた後のカプセルは捨てないといけないし、コーヒーメーカー自体もいくらコンパクトをうたっていてもかなりの大きさでかさばり感ありあり。

gigamen_Droops01

地球を思いやりつつ美味しいコーヒーをエンジョイ

コーヒーメーカーの「Droops」なら、コーヒーを飲むたびにカプセルを捨てなくて良いのでエコロジカル。このDroops、カプセル自体が溶けてコーヒーの「風味」の一部になるので、廃棄物が発生しないんです。

砂糖でコーティングされたキャンディありますよね?あのコンセプトを取り入れたのがDroopsのカプセル。一番外側は砂糖の層で好みの砂糖の量によって砂糖の層の厚みが違うカプセルを選ぶことができるのだとか。その下の層にはクリーム/ミルク、そして内部にはコーヒーパウダー。

コーヒーのフレーバーは、ラウド(loud)、スーズ(sooth)、ネーチャー(nature)、シトラス(citrus)そしてパンチ(punch)の5種類。今すぐ全部試してみたくなるネーミングです。

gigamen_Droops02

そしてDroopsのもう一つの魅力はそのデザイン。すっきりホワイトでなんともオシャレ。ウォーターコンテナは3リットルと十分な容量なのに全体的にとってもこじんまりしたサイズ。シンプルな構造でお手入れ簡単なのも嬉しいですね。

既に存在する素晴らしい製品にちょっと手を加えて素敵なデザインにしたりエコ要素を取り入れたりすることでより素晴らしい製品となったコーヒーメーカーのDROOPSが、ネスプレッソにかわって一家に一台のマストアイテムになる日は近いかも。

参照元:Yanko Design

この記事をシェア
0 0
記事のタグ