そのへんの紙で折った飛行機が、大空高く舞い上がった

1606

映画やドラマならありそうなシーンだ。ちょいちょいと折った紙飛行機を飛ばすと、まるで夢や希望を運ぶかのように、大空高くどこまでも飛んで行く……こんなシーンを実際に体験してみないか?この「紙ひこうき電動プロペラキット (Electric Paper Airplane Conversion Kit)」は、自作の紙飛行機に取り付けるプロペラだ。緑のヘッドの部分がクリップになっていて、これで飛行機の先端をチョイと挟む。カーボンファイバー製だから、軽くて丈夫。充電バッテリーで動くプロペラが、30秒間、紙飛行機を大空に舞わせてくれるのだ。え? 30秒じゃ短い? いえいえ、実際に飛ばせてみると、30秒は長いゾ。それに、それ以上長いと、飛行機がどこに行ったかわからなくなる。

私の友人は、この紙ひこうき電動プロペラキットにハマっている。よりよく飛ぶ飛行機の形を求めて試作機をいくつも折り、一人でニヤニヤし、将来は競技会を開催するのだと息巻いている。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ