あのウイルスで発電ができる!?

1661

人間の天敵とも言うべきウイルス。人間を死に至らしめる事もある本当に憎たらしいものである。そんな憎きウイルスを研究するアメリカローレンス・バークレー国立研究所は遺伝子操作をしたウイルスを仕込んだシートに指圧を加えることによって電気エネルギーを生みだす「ウイルス発電(Electric virus powers) 」に成功した。

ウイルス発電には無害のウイルス「M13バクテリオファージ」を使用。 M13バクテリオファージ にマイナス帯電するアミノ酸残基を加え、独自に開発し電卓型の発電シートを指で押し発電実験を行った。すると最大6nAの電流を流すことに成功し、小型ディスプレイに「1」の文字を表示させた。

gigamen_Electric_virus_powers01

ローレンス・バークレー国立研究所ではこの発電技術を応用し携帯電話を充電するシステムを開発したいとしている。将来的に原子力発電に代わる画期的なエネルギーとなることを期待したい。もし人間の天敵・ウイルスが人間の生活を助けると言うことになれば、なんとも皮肉な結果である。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ