エライ美味い!エライジャ・クレイグ21年バーボンでお・も・て・な・し

1996

1789年、アメリカ・ケンタッキー州・ジョージタウンに一人の牧師がいました。彼の名は、エライジャ・クレイグ。その名のとおりエライコッチャ・・・だったのかは分かりませんが、キリスト教の聖職者として文字通り、布教活動に努めます。そんな彼は、なぜかお酒が大好きだったそうで、バーボンを自分で作ったのです。これは世界で最初のバーボンだったと言われています。赤みがかったバーボンだったそうで、アメリカン・ルビーの元祖と言われています。この説については、架空ではないか?という説もありますが。

そのエライジャ・クレイグの名を社名としたエライジャ・クレイグ社のバーボンは世界的に高い評価を受け、数々の賞を受賞しています。今回、満を持して発売するのが、「エライジャ・クレイグ21年バーボン (Elijah Craig 21-Year-Old Bourbon)」です。ケンタッキー州ジョージタウンの名門「ヘブン・ヒル蒸留所」で蒸留されたバーボンで、伝統の味が凝縮されています。

秋の夜長に、エライジャ・クレイグ21年バーボンを味わってみたいものですね。伝統のバーボンを振舞って「お・も・て・な・し」してあげてください。つまみは栗しかないでしょうね。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ