世界一周を6時間で実現する交通システム

1023

ドラえもんの公園にある土管のようなこの物体。この物体がET3社が発表した世界一周をなんと6時間で実現すると言う夢の「世界一周交通システム(Evacuated Tube Transport)」 です。全長は16フィート(約4.8m)、重さは183kgで輸送能力は4人~6人です。人が乗り込み、発射台のような台に世界一周交通システムを載せます。そして全世界に張り巡らせたチューブに向け世界一周交通システムを発射します。

すると 最高時速6500km/hで突き進み、目的地へと向かいます。所要時間はニューヨークからハリウッドまで45分、ニューヨークから北京まで2時間で到着するとしています。これだけ速いと人間にかかるG(負荷)が心配ですが人間に与える負荷は通常の自動車と同じ1Gとしています。どういう理論で1Gになるのかは不明です。

構想は素晴らしい世界一周交通システムですが、今のところ実現へ具体的な計画は全く未定とのこと。そもそもどうやって世界にチューブを張り巡らせるのかが不明です。途中で 世界一周交通システム が止まってしまったら・・しかもそれが海底だったらと思うと夜も眠れません。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ