宝飾品の美しさを持つバイク『EVE』

3546

バイクをイメージした時、「男臭さ」「無骨さ」と言う印象を思い浮かべる人は多いだろう。もちろんそれは、ネガティブなものではなく、バイクの魅力を語る上で重要な要素だ。

しかし、その「男臭さ」や「無骨さ」を、「美しさ」や「繊細さ」に変換し、独自の魅力を引き出したバイクが存在する。それがBandit9の『EVE』だ。

gigamen_EVE_Bandit9_01

銀細工の繊細さ、HONDAの安定感

EVEは、Bandit9が制作した芸術的なカスタムバイク。今までの二輪車の印象を覆すほどに、シンプルで、繊細なカスタムモデルだ。その立ち姿は独特で、あらゆる構造が剥き出しになっているその姿は、ネイキッドを通り越してスケルトンと言った所だろうか。

また、ほとんどのパーツがクロームメッキで統一されているので、車体全体が銀細工の様な輝きを放っている。

gigamen_EVE_Bandit9_02

カスタムの元となっている車両は、1967年に製造されたHONDA・SS50で、エンジンも90cc〜125ccまで対応するとの事なので、繊細ながらも力強い走りを見せてくれるだろう。これほど美しいバイクは、さながら高級な装飾品を身に付ける様に、上品に乗りこなして貰いたい。

参照元:EVE

この記事をシェア
0 0
記事のタグ