膝の痛みを和らげる6つの方法

2348
未定 詳細なし

膝の痛みで悩んでいませんか?特に日頃から運動している人が、膝を痛めてしまうと、いつも通りの運動ができなくなりストレスになりますよね。

普段のあらゆる動作が思うようにできなくなり、鬱になる人もいます。しかし、適切な運動が膝の痛みと、精神的に感じる苦痛を和らげてくれます。

1. 全身運動

ウォーキング、サイクリング、水泳、ダンスといった全身運動は、骨や筋肉などの組織を丈夫にするだけでなく、体力をつけ、膝の痛みの根本的な原因の一つである(老化)を遅らせることができます。全身運動の中でも、特に有効なのは、ウォーキングや自転車こぎなど、ゆっくりと呼吸をして酸素を体内に取り入れながら行う、有酸素運動です。

gigamen_Exercise_Sore_Joints01

2. 強い、柔軟性のある体を作る

膝に痛みを感じた時に、ヨガやピラティスなどのエクササイズで、膝周りを無理なくほぐすと痛みもかなり和らぎます。呼吸とともに柔軟性のある体を作ると、膝を痛めないための予防にもなります。

3. 距離にこだわらず、走ること

誰もが知っているとは思いますが、膝を痛めている時には、無理に走ることはタブーです。自分のペースで走ることが大切です。距離やペースにこだわらず、自分の体と相談しながら、ゆっくりと確実に一歩一歩踏みながら走ることです。

gigamen_Exercise_Sore_Joints02

4. 頻繁に運動すること

頻繁に適度な運動をすることによって、強い体を作ることができ、怪我などを予防することができます。運動をすることで、膝の痛みの防止と、今ある痛みを和らげ たり解消するのにとても効果的です。筋肉や軟骨、靭帯、骨を強化すれば炎症の再発を 防ぐことにも繋がります。

5. ウォームアップを欠かすな

ウォームアップは体温を高める準備運動で、運動をする前には欠かせません。 温まって血行の良くなった筋肉は、やわらかくほぐれてパフォーマンスをアップさせ、衝撃吸収力も高まり、柔軟体操によって関節の動きもスムーズになります。

gigamen_Exercise_Sore_Joints03

6. 正しい食生活

一日の摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、その分が脂肪として蓄えられ肥満につながります。肥満による体重増加は膝への負担を増やします。

炭水化物、タンパク質、カルシウム、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった必須栄養素をしっかりとることで、骨や筋肉を丈夫にし、痛みやケガの治りを早めます。関節痛におススメな食材は「先日ギガメンで紹介した「関節痛でツライ・・・ならこれら5つの食べ物をトライ!」を読んで参考にして下さい。

最後の正しい食生活の項目なしでは、健康は成り立たない。適度な運動と正しい食生活がいかに重要であるかを、改めて感じた。

参照元:Prevention

この記事をシェア
0 0
記事のタグ