王道か邪道か?メガネフレームをいつと違う物質で作ってみた

1122

王道とは、「定番」や定石、セオリーなどの意味を持っています。無難という言葉も、王道に近いような気がしますね。王道を歩むことも難しいことではあるのですが、若干面白味に欠けます。王道の対義語として挙げられるのが、邪道です。本筋を外れることを意味します。「あんなものは邪道だよ」と吐き捨てるシーンを目にしますが、邪道が王道になるケースもあるのです。

現在王道とされている事も登場した時は邪道だった事が多いのです。先日お亡くなりなった元巨人軍監督川上哲治さんも、監督時代次々と革新的な作戦を生み出し、現在ではそれが王道とされています。

EXOvault Kingsland Aluminum Eyeglasses (EXOvaultキングスランドメガネフレーム)」は、現在は王道からは少し外れているものの、将来王道になること間違いなしのメガネフレームです。EXOvault Kingsland Aluminum Eyeglassesの秘密はアルミニウム。51グラムという超軽量なフレームは、メガネをつけていることを忘れるほど。これからのメガネはアルミニウムが王道となることでしょう。Kingslandだけに。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ