ツールド・フランス仕様の「フェラーリF12ベルリネッタ」公開!

2799
gigamen_F12berlinetta_Tour_de_France_64
未定 詳細なし

フェラーリは、2015年1月23日から25日までベルギーで開催されたブリュッセル・モーターショーの「Dream Car Exhibition」において、「F12ベルリネッタ」をベースにしたテーラーメイド仕様の特別モデルF12ベルリネッタ・ツール・ド・フランス64」を発表しました。

gigamen_F12berlinetta_Tour_de_France_64_01

モデナイエローのストライプが決め手

F12ベルリネッタ・ツール・ド・フランス64は、モデナイエローと呼ばれるラインを、エンジンフード上のトリプルレイヤークロスストライプとし採用されているのに加え、インテリアをブラック、シートをブラウンレザーにしたことでビンテージな雰囲気を再現しています。

これは、1964年の「Tour de France Automobile」に「フェラーリ250GTO」のドライバーとして参戦。レースを制したルシアン・ビアンキとジョルジュ・ベルガーに敬意を表し、当時のチームで使用されていたデザインです。

ちなみに自転車の「ツール・ド・フランス」は、この自動車レースにヒントを得て始められた競技だそうです。

gigamen_F12berlinetta_Tour_de_France_64_02

残念ながら市販はされません。

F12ベルリネッタ・ツール・ド・フランス64については、ベルギーのディーラーからの依頼を受け、フェラーリとフランコルシャン・モータースによってイベントで展示された最新のテーラーメイドモデルとのことで、市販されるモデルではないようです。

モチーフとなった「フェラーリ250GTO」は、1962年から1963年にかけて36台製造され、国際マニュファクチャラーズ選手権では1962年・1963年に連続してGT-IIIクラス(排気量2L以上)のチャンピオンを獲得した名車として知られています。

参照元:Ferrari

この記事をシェア
0 0
記事のタグ