欲しい?いらない?ジョージ/ブッシュの愛車がオークションへ

1142
オークション詳細ページ

第43代アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュ。「テロとの戦い」を標榜しアフガニスタン侵攻、イラン侵攻を断行。国連の反対を無視し大量破壊兵器を保有しているとの名目でフセイン政権を壊滅させたものの大量破壊兵器は見つからず、国内外から批判を受けました。ブッシュ政権末期の2008年に記録した支持率19パーセントは戦後最低の支持率で、史上最低の大統領、戦争犯罪人と言う評価もあるようです。

そんなジョージ・ブッシュ前大統領が、愛車の「F-150キングランチ スーパークルーAWD( F-150 King Ranch 4×4 SuperCrew)」をオークションに出品する事になり、話題となっています。彼の農場で家族やVIPを乗せる為に使用していたもので、さらにブッシュ前大統領のサインと使用証明ビデオ、証明写真が付属されます。

なぜブッシュ氏がオークションに愛車をかける気になったのか。今更自分を「PUSH」して欲しくなったのか?と思ってしまいましたがそうではなく、オークションサイトの収益がFisher House Foundationと言う退役軍人を支援する組織に寄付されるからなのだそう。良くも悪くもブッシュ氏の頭の中は軍人の事しかないようです。

アメリカではこのF-150キングランチ スーパークルーAWD( F-150 King Ranch 4×4 SuperCrew)に賛否両論あるようですが、高値がつかないのではと見方もあるようです。軍人を戦争に駆り出した大統領が退役軍人のことを考えるのは当たり前なのかもしれませんが、やはりブッシュ前大統領へのアレルギーは根深いのでしょうか。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ