女性ストーカーに悩まされている男性向け 知っておくべき5つの被害対策

3802
未定 詳細なし

「女の子に付きまとわれるなんて、いいじゃないの?」なんて、警察もなかなか動いてくれない女性からのストーカー被害。そんな面倒なことに巻き込まれたときには、賢い方法で自己防衛、証拠集めに徹底することが一番。

1. 自分の敵を知る

女性ストーカーには、プロファイリングに使用される特徴がいくつかある。大卒のシングル30代半ば女性が多く、精神面では双極性障害(バイポーラー)や境界性(ボーダーライン)パーソナリティ障害気味の人が多い。

少し年齢が上の知り合い男性が被害になることが多く、性交渉を行なったことのある場合だとストーカーが凶暴化する割合いは50%も上昇する。バイポーラーやボーダーラインの判定は微妙なので、その傾向のある女性は日本中にうじゃうじゃ存在する。元カノには特に気をつけよう。

2. 徹底してガードを固める

女性ストーカー事件は、長期戦になることが多い。警察、精神病院、自分の会社のセキュリティー、大家などに被害を伝え、定期的にフォローアップを行なうようにしよう。相手の職場に相談することも可能。

gigamen_Female_Stalker01

3. キレない

男女平等と口では言うものの、男性と比べ女性ストーカーは告訴されにくい。公共の場で怒鳴ったり女性に触れたりしようものなら、自分が警察に連行される可能性も。この不平等に関しては現在どうしようもないので、とにかく落ち着いた行動を取ることが大切だ。

4. すべてを記録する

テキストメッセージはスクリーンショットで画像として保存、付きまとわれている証拠を写真に撮って記録しておこう。解決するまでは、あきらめずにずっとすべてを記録すること。証拠が多いほうが、警察は早く動いてくれる。

相手の女友達を味方にまわすと警察に信じてもらいやすいそうなので、可能であればその筋からも証言をもらっておこう。友達だとはいえ、度を越したストーカー行為にはきっと気づいているはず。

gigamen_Female_Stalker02

5. 無視を決め込む

ストーカー女性からメッセージの嵐が来ることも。そんな場合は「こういう行為は迷惑だ」ということをメッセージ内で伝え、それを証拠として取っておこう。そして、それ以上は絶対に無視を決め込むこと。道で会っても返事をしたり目を合わせたりしないように。

特に女性にとって辛い別れとなった不倫のケースなどでは、自分の家族や友人にまで被害が及ぶ危険がある。身の危険を感じたら、警察や友人にすぐ相談しよう。

参照元:Return of Kings

この記事をシェア
0 0
記事のタグ