半世紀前の名車、「フェラーリ250GT」が7億円で落札される

1677
落札済詳細ページ

レース専用モデルとして製造され1960年に市販化された「Ferrari 250 GT SWB Berlinetta (フェラーリ・250GTベルリネッタSWB)」。フェラーリの中でも独自のアイデンティティを持つ一台で、世界中のカーマニア達からの評価も高いといわれます。丸みを持ちながらも鋭く尖った独特のボディは、半世紀経過した今でもまったく色褪せる事がありません。

そんなFerrari 250 GT SWB Berlinettaが、突如「RMオークションズ」に出品され、話題になりました。各国のカーマニアが注目する中オークションが行われ、その落札金額に皆が目からベルリネッタと鱗を落としました。

その落札金額は、RMオークションズ最高金額となる「7億1910万円」。お金はあるところにはあるのだな、とため息をついてしまいますが、Ferrari 250 GT SWB Berlinettaが7億にふさわしい車である事は間違いありません。

現在のところ誰が落札したかは明らかにされておりません。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ