浄水器・ラジオ・救急セット入り。災害発生時に着たくなるベストを徹底解剖

1111
99.99ドル(約1万1600円)詳細ページ

クールなガジェットなどを英語で紹介するWebサイト「DudeIWantThat.com」が今年の初め、地震や台風といった災害発生時に役立つグッズが詰まったベスト「FIRST MINUTE VEST」を取り上げました。GIGAMENはその中身を詳しく見ていきます。

胸元にはUSBメモリ付きIDカードが隠れている

まず「FIRST MINUTE VEST」の首回りに注目です。左側には自分の居場所を知らせるホイッスルが付いていて、右側のポケットにはストロー浄水器が入っています。飲み水に困らないように、別のポケットには水道のバルブを開けられる十字型のシルコックキーが入っています。

シルコックキーは優れものです。というのも、エレベーターや電車から脱出する時に使えるかもしれないからです。

ベストの胸元にはIDカード入れが隠れています。名前・血液型・持病などを記入できるカードは救急隊に発見してもらった時に役立つはずです。カードには4GBのUSBメモリが埋め込まれているので、必要なデータすべてが失われる最悪の事態を避けられるかも。

ポンチョとしても使えるブランケットも入っている

「FIRST MINUTE VEST」の7つあるポケットの中には、防災グッズの定番である懐中電灯付きラジオも入っています。ラジオは手回しでも太陽光でも充電でき、モバイルバッテリーとしても機能します。

災害発生時に負傷した時、あるいは近くで負傷者が出た時のために救急セットと外傷用包帯もベストの中に隠れています。怪我を負っていなくても、寒さで健康を害する場合がありますが、そんな時はポンチョとしても使えるブランケットを取り出しましょう。

このベストは非常用持ち出し袋を身につける感覚に近いので、手に持てる・背負える荷物(おそらく食料がメイン)の量が増えます。オープンクローゼットに掛けたり、車内に置いたりすると良さそうです。

<参考元>Dude

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ