火と水でスマホを充電!レトロだけれど便利!

1461
~$15,000詳細ページ

iPhoneユーザーの皆さんは、もうiOS7にバージョンアップしましたか?消費電力対策を施したと聞いていましたが、なんだか前のバージョンよりも電池の減りが早くなったように感じます。公共施設や飲食店などでのコンセント争奪戦は激化していますし、何かと電池残量を気にする場面が増えました。飲食店などでは、コンセントを使わせないようにしている店も多いのです。アウトドアなどでは、コンセントもありません。困った問題です。

コンセントがなければ電気を作ればいい。「FlameStower (フレームストーワー)」は火と水を使用して簡単に発電しスマートフォンを充電する事の出来るガジェットです。使用方法は至ってシンプルで、上部のカップに水を入れ、熱するだけ。それだけで発電する事が出来、スマートフォンを充電する事が出来ます。災害時にも役に立ちそうですね。

現代病とも言うべき「スマートフォンの電池残量」との戦いに一石を投じるFlameStower (フレームストーワー)はまもなく発売される予定です。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ