安眠のために取りたい夜食5つ

2097
未定 詳細なし

寝る前に食事を取るのはタブーですよね。しかしある食べ物や飲み物を取ることで、ぐっすり寝れることができるのは知っていますか?夜食を食べると太りやすいというイメージが定着していますが、少量の夜食は睡眠よい効果があり、特に不眠傾向のある人には効果があります。

睡眠を助けてくれる食品を5つ紹介します。

1. バナナ半分と一掴みほどのアーモンド

バナナに入っているトリプトファン、炭水化物、およびアーモンドに含まれる心を落ち着かせるマグネシウムの組み合わせで眠気を催すことができます。 バナナが苦手な方は、代わりにチェリーを食べると良いでしょう。天然のメラトニンを摂取することができます。

gigamen_Foods_for_Sleep01

2. クラッカーとピーナツバター

これも魔法のコンボです。炭水化物+トリプトファンで、深い眠りを促すことができます。しかし食べ過ぎには注意してください。ピーナツバターは少量で十分な効果を発揮します。

gigamen_Foods_for_Sleep02

3. ホットミルク

寝る前にホットミルクを飲むとよく眠れるという話はよく聞きますが、それは牛乳に含まれるアミノ酸トリプトファンの影響です。又、睡眠ホルモンとも言われているメラトニンセロトニンという物質はこのメラトニンの分泌を促進する働きをしますのでよく眠れるようになります。

gigamen_Foods_for_Sleep03

4. シリアル

糖分控えめのシリアルは、血液中のトリプファンを増加させます。健康的なシリアルはタンパク質も同時に摂取することができ、牛乳との最高のコンビで睡眠効果がより増します。

gigamen_Foods_for_Sleep04

5. ノンカフェインのハーブティー

夜にカフェインを取ると眠りづらくなるので、ノンカフェインのカモミールティーなどのハーブティーを1杯のむとリラックス効果が出て睡眠の手助けをしてくれます。

gigamen_Foods_for_Sleep05

いつも寝付くのに時間がかかって悩んでいたところだ。さて、この食材たちがどこまで発揮してくれるか、それぞれ試してみたい。

参照元:Sleep.org

この記事をシェア
0 0
記事のタグ