脳にダメージがある食品6種

2276
未定 詳細なし

脳は、私たちの体の中で最も重要な存在です。 私たちの運動、感覚や考えを制御するニューロンで構成されています。毎日の食生活の中で、ある食品は脳にダメージを与えていることを知っていますか?健康な脳を持つためにも、にダメージがある食品6種を把握してください。

1. 加工食品

ほとんどの食品は、既に処理されていますね。とても便利ですが、化学的に加工されている食品は、ずっと食べていて安全とは言えません。知らず知らずの間に脳を傷つけることになります。

gigamen_Foods_Hurting_Brain01

2. トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は摂り過ぎは危険で、心臓にも悪いし、記憶力も低下します。又アルツハイマー病と関連している脳内のβアミロイドペプチドを増加させると言われています。

gigamen_Foods_Hurting_Brain05

3. MSG

アジア食品のほとんどにMSGが多く含まれています。MSGは、約78%の遊離グルタミン酸、21%ナトリウム、および1%の汚染物質が含まれると言われています。MSGを摂り過ぎると脳損傷の恐れが懸念されます。

gigamen_Foods_Hurting_Brain03

4. 糖分

砂糖はビタミン、ミネラル、繊維および他の良い栄養素が全く含まれれおらず、余分なカロリーを取ってしまい体重増加にも繋がります。糖分を摂り過ぎると、眠くなったり脳が機能不全に陥いります。

gigamen_Foods_Hurting_Brain04

5. 飽和脂肪

飽和脂肪の多い食事は、アルツハイマー病にリンクされた脳のプラークの形成を戦うために、脳の能力を低下させます。

gigamen_Foods_Hurting_Brain02

6. カフェイン

カフェインは大脳皮質を刺激し、脳内を活性化させてくれるますが、量が多すぎると刺激が強くなり、爽快な気分というより興奮状態に陥ります。

それとともに精神的な不安感がつのり、一方でいら立ちを覚えるようになります。カフェイン中毒になる可能性もあるので、適量を摂取するのが好まれます。

gigamen_Foods_Hurting_Brain06

人間は、脳あってこその存在。脳に優しい食材を注意して摂取していきたいですね。

参照元:Healthy Diet Base

この記事をシェア
0 0
記事のタグ