エティハド航空、元サッカーオランダ代表と元UFC王者の共演動画を公開

619

アラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空はサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の開幕まで1カ月となった10月、元オランダ代表MFのクラレンス・セードルフ氏と元UFCライト級王者のハビブ・ヌルマゴメドフ氏が共演したドラマ風PR動画を公開しました。

スーパースター二人より崇拝されている乗客は誰?

エティハド航空が公開したドラマ風PR動画の舞台はビジネスクラスの機内。実生活でも親しいセードルフ氏とヌルマゴメドフ氏はアブダビ発ドーハ行きの便に搭乗すると、他の乗客の「誰が乗っているか見たかい?」「あぁ、彼は超パワフルで…すごく速い」などの言葉に反応します。

すると、スーパースターの二人は乗客の若者から自撮りを求められます。二人は上機嫌でしたが、その若者はヌルマゴメドフ氏の隣に座っている客と記念撮影をしていました。二人からはビジネスクラスのパーティションで「謎のVIP客」の正体が見えず…続きはYouTubeで。

ドーハ直行便は増便へ。観戦拠点はアブダビで?

サッカーW杯カタール大会の開幕に合わせ、エティハド航空は11月20日からアブダビ=ドーハ直行便を1日6往復に増便します。「W杯の観戦拠点はアブダビで」と考えているサポーターには朗報です。カタールの首都までの移動時間は約1時間しかかかりません。

確かにアブダビは「試合のない日も楽しめる」という観点からも観戦拠点にしたくなります、美しいビーチでサッカーを楽しめますし、フェラーリやワーナーブラザーズのテーマパークもあります。UAE最大のモスクであるシェイク・ザーイド・グランド・モスクも訪れておきたい名所の一つです。

<参考元>etihadaviationgroup

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ