ファスナーに結んでおける! 栓抜きとしても使える超小型LEDライト

164
11.19ドル(約1200円)詳細ページ

暗闇を手っ取り早く照らすことができます。米国のアウトドア用品メーカー、ガーバー(Gerber)が生み出した、ファスナーやキーチェーンに結んでおける超小型LEDライト『GDCジップ・ライト・プラス(GDC Zip Light+)』がアマゾン・ドット・コム(Amazon.com)で好評販売中です。

暗闇を歩く時、栓抜きが見つからない時に役立つ。

『GDCジップ・ライト・プラス』を使用する時は、ストラップの根元にあるアタッチメントを押し、先端に白色LEDが内蔵されている超小型LEDライト本体を取り外します。手元を明るくできるライトはステンレススチール製の栓抜きとしても使えます。ライトの側面で瓶の栓を開けられるので、栓抜きを探して右往左往せずに済みます。

『GDCジップ・ライト・プラス』を必要とする場面を挙げるとキリがありません。暗闇の駐車場で車のドアを開ける時、深夜のキャンプ場でテントに戻る時、映画館で座席の下に何かを落としてしまった時、あるいは瓶ビールの栓を開ける道具を持っていない時、栓抜きとして使えるライトを持ち歩いていれば万事解決します。

ジャケットやバッグに取り付けても邪魔にならない。

長さは4.6cm、重さは16g。『GDCジップ・ライト・プラス』はジャケットのポケットやショルダーバッグのファスナーに結んでおいても邪魔にならない大きさです。ライトはリチウムボタン電池2個で動き、3時間半は使えます。ただ、キャンプに出かけたり非常時持ち出し袋を準備したりする際は、より長い時間使える本格的なライトを別で用意することをおすすめします。

参照元:Amazon

この記事をシェア
0 0
記事のタグ