どこにも売ってない、究極のクール

2053

手斧、ブリキのマッチ入れ、着火材を保存するブリキ缶、ウイスキー用フラスコ、ウイスキーのポケット瓶、サバイバルに必要最低限のアイテムが、レトロなブリーフケースに収められたこのクールなキット、名前をGentleman’s Survival Kit(紳士のサバイバルキット)」という。ところでいきなりだが、残念なことをお伝えしなければならない。このGentleman’s Survival Kit (紳士のサバイバルキット)は、世界中のどこにも売られていないのだ。

アメリカでの著名なブロガー(ブログを書く人)、Pscmpf氏がこのGentleman’s Survival Kit (紳士のサバイバルキット)を自作した。「熱中して作っていたらこんなものが出来上がった」と彼はブログで書いている。現代のサバイバルになぜ手斧が必要なのか、なぜウイスキーのフラスコとポケット瓶の両方が必要なのか、それは全く分からない。だが、彼のこだわりが完全に具現化していることは、見てすぐに分かる。

アイテムを収める木製パネルは、アメリカンホワイトウッドを彼自身が手作業で仕上げ、レトロな味を出したとのこと。アイテムを留める革ストラップやその鋲も彼が厳選したものだ。ちなみに、着火材の缶はフリーマーケットで5ドルで売られていたコダックの古いフィルム缶を流用したという。

究極のクールが何か、と訊かれれば、こだわりと答えたい。世の中で宣伝されているような薄っぺらなこだわりではない。本当の自分のこだわりを形にするのが、クールなのだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ