脳を活性化させる「8つの変な方法」

2390
未定 詳細なし

賢くなるにはどうすればいいのだろうか?自分の周りを見回すと、学習材料は山ほどあるはず。そんなとき知識をしっかり吸収できる賢いを持っていると、効率良く簡単に賢くなれるはず。今回は、誰でもできるちょっと変わった脳の活性方法をご紹介しよう。

1.朝ダッシュ5本

朝会社の門をくぐる前に、30秒の軽いダッシュを5回ほど。強烈な有酸素運動が 脳に血と酸素を送りこみ、それが認知能力向上になる。汗染みと場所が問題?

2.PCメガネでオシャレを

コンピュータや携帯画面から出されるブルーライトは、ホルモンバランスを崩し睡眠不足に繋がる。どうせなら、かけっぱなしのU2ボノさんスタイルで行こう。

gigamen_Get_Smarter01

3.目隠し耳栓で15分の瞑想

ヨーロッパのセレブが使っているイメージのフローティングタンク。脳の動きを活発にするため液体に体を浮かべる療法であるが、それと同様の感覚が目隠しと耳栓で得られる。15分行なうだけで、記憶力が上達するそう。

gigamen_Get_Smarter02

4.絶食

短期間の絶食は神経作用を促進し、メンタルヘルスにも良い。24時間や16時間など目安はあるが、メンタルパフォーマンスの変化の時間を記録しながら行なうとモチベーションに繋がるかも。

5.変な格好でバランスを取る

ダンサーやフィギュアスケーターなどが得意とするバランスと体性感覚は、認知能力の向上になるそう。働きすぎで頭が動かない!と思ったときには、トイレの個室でイナバウアー。

gigamen_Get_Smarter03

6.嫌いな人の意見に賛同する

人間はほっておくと、どうしても嫌いな人の意見からは耳をそむけてしまう。特別な日を一日作って嫌いな人の意見をしっかり聞き、正直に良い部分を見つけよう。論理思考のスキルが非常にシャープになる。

7.幼児と一緒に時間を過ごす

幼児にはしっかりとした脳のレギュレータがまだ備わっていないので、今までに聞いたこともないような奇抜なアイデアが得られることも。生まれる前の話でも聞いてみようか。

gigamen_Get_Smarter04

8.利き腕と反対の手を使う

天才レオナルド・ダ・ヴィンチは、左右の脳を強調させながら『最後の晩餐』を両手で描いたそう。利き腕と反対の手を使うことで、いつもはあまり使われていない側の脳が活性化される。

特に頭の固い人や受験生に試してもらいたい。ただやり方を間違えると、ちょっと変な人に見られてしまう可能性はあり。しかしながら、天才と狂人は紙一重なのだ!

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ