押すとなんと…! ヒースロー空港に英王室馬車モデルのカートが登場

2426

ロンドン・ヒースロー空港に、英国王室の公式馬車(黄金の馬車、ゴールド・ステート・コーチ)をモデルにした手荷物カートが登場しました。同空港のザ・クイーンズ・ターミナル(ターミナル2、T2)開館1周年を記念した特製カートです。

もしあなたが手荷物だったら、まるで宮殿の中にいる気分でしょう。カートの骨組みは金ピカ。王冠やケルビム(知識をつかさどる天使)などの彫刻で飾られている姿は、まさに豪華絢爛。ハンドルを押すと、なんとターミナル中にイギリス国歌が響き渡る仕組みになっています。

gigamen_Golden_Trolley_Heathrow_Airport01

ANA、日本からT2への直行便を運航中。

ヒースロー空港は、英国王室と深い関わりをもち、特別な行事があるたびに、エリザベス2世、ウェールズ公チャールズ、故ダイアナ妃らが出席しています。

同空港によると、新しいターミナル2は開館1年で、1200万人の利用者がカートで1000万個の手荷物を運び、38万7827本の香水、2万7257本の口紅、16万9691本のウイスキーが売れたとのこと。

日本からヒースロー空港T2への直行便は、ANAが羽田空港から運航中。ちなみに、T2には日本風レストラン「ヨー!スーシ(YO! Sushi)」が出店しています。

回転寿司形式のユニークなレストランは、日本人好みの味かどうかはともかく、「黄金の馬車」とともに一見の価値があるはず。特製カートは6月いっぱいまで展示しています。

gigamen_Golden_Trolley_Heathrow_Airport02

参照元:Heathrow Airport

この記事をシェア
0 0
記事のタグ