世界中が羨望するバリ島の【グリーン・スクール】とは!?

2502
未定 詳細なし

小さい島ながら数多くの世界遺産や観光スポットをもつバリ島。世界を魅了するのは、海や伝統文化だけではなかったようです。以前ギガメンで紹介した「崖の上のBAR!?バリ島のROCK BARはすごかった!」と合わせて訪れて頂きたい場所を今回はご紹介します。

gigamen_Green_School_Bali04

【緑の学校】を見学に、1日100人が訪れる

2008年、元々宝石商をしていたハーディ夫妻が環境問題の深刻さから設立したもの。TEDでのプレゼンでその構想が評価され、瞬く間に支持者を獲得。ユニークな教育方針は国連でも認められ、インドネシアから【100万人の子どもを環境大使に】を目指して活動がスタートしました。

今なお、世界中から学生が集いその評価は増すばかり。ちなみに筆者が見学した日も、お子さんを入学させる前にアメリカから見学に来られたご夫婦がいました。

ところでまず驚くのは教育環境。竹を巧みにつかった建築物は、東洋のサクラダ・ファミリアと思わせられます。そのうち、世界文化遺産にも認定されるのではと彷彿してしまうほど。

自然の光で照らされた造りはそこにいる人を和ませ、壁やドアがない教室内は自然の音や匂いでいっぱいです。

gigamen_Green_School_Bali03

2014年の段階で、3歳~18歳まで44の国籍、400人以上の生徒たちが通う【緑の学校】。学校や住居すべてエコをベースに考えられ、子どもたちの創造性を養うことを目的にしたコンセプトは、建築物やユニークな授業、子どもたちといたるところで目にすることができます。

ただ残念なことに現地の方はあまり場所をご存知ない様子。見学の際はホームページから事前予約をして、1日5000円ほどで乗り回せる運転手さんに確認してもらってから訪問をオススメします!

gigamen_Green_School_Bali05

参照元:CNN

この記事をシェア
0 0
記事のタグ